スチームファーストは既存スチームクリーナーの不便さを解消したスチーム洗浄機

スチームファーストとケルヒャーの比較

スチームクリーナーの中でも人気が高いのがスチームファーストとケルヒャーの製品ですが、この2つは購入前に比較している方も非常に多いです。どちらにもそれぞれメリット、デメリットがありますから、そこをしっかりと比較してから購入し、購入した後に失敗したー!と思わない買い物をするようにしましょう。

スチームファーストとケルヒャー製品がなぜ比較されるのかというと、どちらも1台で何役もこなしてくれるキャニスタータイプのスチームクリーナーであるということが大きな理由だといえるかと思います。

キャニスタータイプのスチームクリーナーは、アタッチメントを付け替えることで床や壁はもちろん、キッチンやお風呂場といった水回りの他に衣類や食器、車のホイールやシートなどという風に幅広い用途で使用することが可能です。このキャニスタータイプのスチームクリーナーの代表的存在がスチームファーストとケルヒャー製品です。

これ以外にもこの2つが比較される理由があり、それは連続使用可能時間の長さです。一般的なスチームクリーナーに比べてこの2つは連続使用可能時間が長く、スチームファーストで45分、ケルヒャー製品で30分から120分と、1回タンクをいっぱいにするだけで家中キレイにすることが可能なんです。

タンクの容量に関してはスチームファーストの方が大きいので、スチームファーストはたっぷりのお水で掃除をする形になり、ケルヒャー製品は少ないお水だけれども長時間しっかりと掃除できるという形になります。タンクの容量が大きい分、本体の大きさもスチームファーストの方が大きくなり、ケルヒャー製品よりも収納スペースが大きく必要になります。

ここまでを見ると断然ケルヒャー製品の方が良いような気がするかと思います。しかし、性能面から少し離れて価格の面を見てみると、価格は断然スチームファーストの方が安いんです。

スチームファーストは通販サイトによっても若干価格の違いはありますが、大体が本体価格1万5千円前後から2万円程度で購入することができます。それに対してケルヒャー製品はグレードによって価格に大きな違いがあり、1万5千円前後から上は3万前後までと、同じケルヒャー製品であっても価格に大きな開きがあるんです。

さらに、スチームファーストはどの通販サイトでも付属のアタッチメントが網羅され、最低10個はアタッチメントがセットになって販売されていますが、ケルヒャー製品の場合はあくまで本体のみとなり、アタッチメントは必要に応じて別売りのものを購入するという形になります。

このようにスチームファーストにもケルヒャー製品にもそれぞれで、メリットデメリットがありますから、一概にどちらが良いとは言えません。ですから、どちらも人気の高いスチームクリーナーではありますが、自分の予算や使い道などを決めた上で、しっかりとこの2つを比較した上で、より自分に合うものがどちらなのかを見極めて買うのが良さそうです。

スチーム洗浄機情報

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る